手相占いや人相占いは自分で覚えると社会生活にも役立ちます。

顔や手を見るだけで占える

占いといえば「生年月日」や「生まれた時間」など、自身の出生に関する詳細な情報が必要なケースが大半です。
占って貰いたいとしても、なかなか気合いを入れて準備できない人はたくさんいます。

 

そんな人にオススメなのが「手相占い」や「人相占い」。
体1つで知りたい事柄を占って貰える人気の占いです。

 

今回は手相占いと人相占いで「占えること」そして「魅力」について、ご紹介いたします!

 

手相占い

手相占い

 

「手相占い」とは、手のひらに浮かび上がる線や手の形から「現状の運や才能、これから先の未来」を読み取る占いです。
「掌線(手のひらのシワ)」を見るものが一般的ですが、指の長さ、爪の形、手のしなやかさなど、あらゆる要素が占いの結果を変化させます。

 

占えること

手相占いで占えるのは、その人の性格・才能・結婚・人生の転機・病気など、様々です。
左右の手で鑑定の示す意味が異なり、主に左手は「生まれ持った才能」を、右手は「これから先の未来で得られるもの」がわかります。

 

手相は変化する

手相占いの面白いところは「手相は変わる」ということです。早い人だと3ヶ月もすれば手相は変化します。
たとえ占った時点で悪い手相が現れていたとしても、その後の生活習慣や思考回路の改善を行えば「次に手相を見た時に良い傾向へと転じているかもしれない」という希望が人々を手相占いに惹き付けているのです。

 

人相占い

人相占い

 

「人相占い」とは、顔の形から人の性格や運勢を読み取る占いです。
霊視や霊聴のように感覚的な部分に頼るわけではなく、人体の構造を論理的に分析して占いを行うため、「人相学」や「観相学」といった形で学問として認識されています。

 

占えること

人相占いでは金運から恋愛傾向、その人が持つ生命力まであらゆるポテンシャルが占えます。
目や鼻の形、ひいてはほくろの位置など、顔のあらゆる情報を読み取って占いを行うのです。
時には顔から離れて体型や骨格などなど、人体のあらゆる情報から導き出す運勢は真に迫るものがあります。

 

日常生活でも役に立つ

占って貰うだけでなく、人を占うこともオススメされるのが人相占いです。
特に近頃はリモートワークが多くなり、少ない情報から相手の性格や気質を知る重要性が高まってきました。
ビデオ会議という少ない情報源から相手の性格を理解し、適切な提案を行う能力が養える人相占いのノウハウは、現代社会人にオススメされる能力の1つでもあります。

 

占って貰っても、自分が占う側でも良し

手相占いや人相占いには生年月日等の情報を準備する必要がなく、自分の体1つで運勢を占って貰えます。
また手相や人相は人気が高い分野であり、勉強するための本が数多く出版されています。
特に人相について学べば私生活で有利に働く場面もあるため、時には自分でもやり方を勉強し、占いへの理解を深めるのも面白いのではないでしょうか。