九星気学で占うメリットとは?占いの基本の形や本命星の調べ方

【星占い】九星気学

九星気学は年月日に応じた九星と干支、五行を組合わせた占術で、方角別の吉凶を鑑定することを得意としています。
九星気学の仕組みと鑑定方法、おすすめできるシーンをまとめました。

 

 

九星と五行とは

風水羅盤

3つの鑑定要素のうち、干支は簡単に理解できますが、九星と五行は占い好きの方以外は馴染みのない言葉ですよね。
九星は、一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫の9つからなる古代中国から伝わる民間信仰です。
五行は火・水・木・金・土の5種類の元素を元にしたもので、星ではなく自然現象の四季変化を観察して抽象化されたものになります。

 

生まれた年から9つの本命星に分類され、五行を元に吉凶方位を占うことが基本。簡単にまとめると鑑定を受ける人の生年月日に応じた運勢と、方角による吉凶の2つの視点を組み合わせた占術です。

 

九星と五行のいずれかだけで鑑定をすることも可能で、双方が吉方向もしくは凶方向へ重なるタイミングを見計らって、より強い運気の波に乗ることを詳しく鑑定するスタイルが人気です。

 

 

基本の形

九星気学の基本の形について解説します。

 

九星と宮

五黄土星(ごおう):中宮(中央)
九紫火星(きゅうし):離宮(南)
二黒土星(じこく):坤宮(南西)
七赤金星(しちせき):兌宮(西)
六白金星(ろっぱく):乾宮(北西)
一白水星(いっぱく):坎宮(北)
八白土星(はっぱく):艮宮(北東)
三碧木星(さんぺき):震宮(東)
四緑木星(しろく):巽宮(南東)

 

※黄・紫・黒・赤・白・碧(あお)・緑による7色に分類する要素もある

 

マジックスコア

マジックスコア

※縦横斜めの全てで足すと15になる配置

 

 

九星と宮の位置関係が基本の位置となり、そこからマジックスコアの順番に場所を年月日に応じて移動していく仕組みです。
自分の九星がどの位置関係にあるのかによって、幅広い運勢を占うことができます。

 

 

本命星の調べ方

本命星は生まれた年から以下の2ステップで調べることができます。

 

  1. 西暦の4つの数字を足す (例1989年生まれは1+9+8=27)
  2. 上記の①で一桁だった場合(2000年→2など)は、その数字。10以上は再度2桁を足し算する(27→2+7=9)

 

ごく稀に②でも10以上の数字になる場合があり、その場合は再度2つの数字を足して10未満になるまで繰り返します。
そして出た数字が付く星が、その年に生まれた人の本命星です。(1→一白水星、2→二黒土星・・)

 

 

方角を知る最適な占術

九星気学は主に吉方向凶方向を知るために活用します。
さらに掘り下げた分析・鑑定をすることで幅広い運勢を占えますが、基本的には目的に応じた運勢の方角を導くためのもので、主に次の活用法があります。

 

  • 引っ越し先の探し方
  • 開運のために旅行へ行きたい
  • 片想いの相手との初デートの行き先を決めたい
  • 転職先や進学先で迷っている
  • 過去の問題点を探す

 

このほか、求めている運気を高めるために、吉方向へ散歩やおでかけ・ドライブへ行くだけでも開運に繋がります
九星気学の占術だけでは、気になる相手が自分のことをどう思っているかや、取るべき行動など具体的なことは分かりません。
ここまで九星気学の「気学」についての説明をほとんどしてきませんでしたが、気学は気(パワー・運気)の大きい方向を示すという意味があります。