東洋占星術でも最強と言われる四柱推命は、どんな事が占えるのでしょうか。

【星占い】四柱推命

四柱推命は中国で生まれた年・月・日・時4つの干支を柱にした占いです。
生まれた日時を元にした物で、一部では出生時間が分からない理由で年月日による三柱推命で鑑定が行われる場合もありますが、本場中国には三柱推命の概念がありません
四柱推命は4つの柱があって成り立つものですので、出生時刻が分からない場合には不向きの占術です。

 

 

東洋占い最強

東洋占いのイメージ

中国で生まれた東洋占いの四柱推命は、東洋占星術の中でも最も信頼性が高い「占いの帝王」と評されています。
人の宿命は生まれた日ですべてが決まる概念を持ち、生まれながらに持つ先天性のものと、その後の後天性のものまで考慮できる仕組み。

 

過去・現在・未来の全てにおいて精度の高い鑑定ができると評判です。正しい知識を身に付ければ霊能力やスピリチュアル系のヒーリング能力がない方でも、自分自身で高い精度の鑑定ができるようになりますよ。

 

 

星占い(星占術)なの?

四柱推命は生年月日と出生時刻を元に鑑定する占術ですが、そこで導き出た4つの柱ごとに、干支と星の配置を分かりやすく表に配置したもので占います。
干支と星の配置は日々変化するため、ベースになる年月日時は生涯変わることがなくても、状況に応じて過去・現在・未来で異なる鑑定結果が出る仕組みです。

 

ちなみに、4つの柱は以下のように分割されていて、ベースになる柱が変わるタイミングで鑑定を受け直す方法がおすすめです。

 

0~19歳の運気、社交面や外交面の運気

20~39歳の運気、仕事運や家庭運

40歳以降の運気、恋愛運

15歳までの幼年期と50歳以降の晩年期、金運・健康運・子孫・部下など目下との関係

 

 

四柱推命でできること

ベースになるのは生まれ持った宿命や性格など、生涯変わらない生年月日と出生時刻を元に分かる診断です。
そこから、干支と星を組み合わせることによって、仕事運金運恋愛運健康運など幅広い運勢を占うことができます。

 

4つの柱と表を組み合わせるだけの簡単なものだと思われがちですが、細かい部分まで掘り下げるには数学的要素を取り入れた解析が必要で、鑑定には相応の時間がかかります。
理論的には正しい知識を身に付ければ占い師が変わっても同等の鑑定結果が出るのが四柱推命のメリットです。

 

しかし、占い師の経験や頭の回転によって決められた鑑定時間の中で占える範囲や量が変わってきます。
東洋占いを学ぶ際は四柱推命から習得することが基本と言われていて、多くの占い師が対応できる占術ですが、鑑定を受ける占い師の評判や実績をチェックしておくとよいでしょう。
こうした特性もあり、四柱推命でできる範囲は広いですが恋愛運や仕事運など特定の要素に絞り込んで詳しく鑑定するスタイルが主流になっています。

 

また、恋愛運では気になる相手との相性を占う需要が高いですが、出生時刻が分からない場合は精度が落ちるので注意しましょう。
三柱推命による相性診断でも相応の鑑定はできますが、出生時刻を聞ける恋人や配偶者との相性や今後の運勢を鑑定する方法がおすすめです。

 

なお、出生時間は正確な時刻が分からなくても、おおよその時間帯が分かるだけで三柱推命よりも一歩進んだ鑑定ができるようになります。